包茎手術・包茎治療クリニックの口コミ体験談

包茎手術クリニックについて

 ある調査によれば、日本人の6割が包茎(真性包茎・仮性包茎など)だといわれています。 雑誌やネットの口コミなどで包茎クリニックの広告を目にする機会も多いと思いますが、実際に包茎治療のクリニックはどんな病院で、どのような流れで手術を行い、一体料金・費用はいくらかかるのか、診察の際に女性の看護師さんに見られてしまうのかなど、 疑問な点が多く手術に踏み切れない方もいるのではないでしょうか。
 ここでは、そんな悩みや疑問を解消できるよう、いろいろな包茎手術専門のクリニックについて調べてみました。

おすすめ包茎手術クリニックの特徴を比較

包茎クリニックは、手術料金や予約のシステム、女性スタッフの有無などがそれぞれ異なりますので、必ず、各クリニックの公式サイトでご確認ください。

クリニック名 包茎手術料金 支払い方法 全国の医院数 女性スタッフ
上野クリニック 75,600円 現・カ・ロ 19 ×
東京ノーストクリニック 73,500円 現・カ・ロ・振 31 ×
ABCクリニック 52,500円 現・カ・ロ 13 ×

※包茎手術料金は、そのクリニックで最もオーソドックスと思われる術式による治療費用です。
※支払い方法の、「現」は現金、「カ」はクレジットカード、「ロ」は各種ローン、「振」は銀行振込を表しています。

包茎手術来院時の流れ(上野クリニックの例)

受付では男性スタッフが対応しているので、躊躇することなく問診票の記入ができました。続いて、医師または男性カウンセラーによる症状などについてのカウンセリングを行います。当日に包茎手術(50分程度)を行うことも可能ですが、手術の予約をして帰ってきました。

包茎手術の費用について(上野クリニックの例)

  • 包茎手術(ナイロン糸使用)⇒75,600円
  • 包茎手術(吸収糸使用)⇒105,000円

何れも健康保険は適用されませんので、ご注意ください。尚、料金についてはクリニックにより異なりますので、各クリニクの公式サイトをご確認ください。

包茎手術の口コミ体験談

 ずっと包茎であることに悩みを抱えていたけれど、誰にも相談することはできませんでした。 僕の場合は仮性包茎だったので、そこまで気にしていませんでしたが、できるのであればなんとかしたいと思い、インターネットで口コミなどを調べて、上野クリニックを見つけました。
 包茎手術をするのに抵抗があったのですが、話を聞くのは無料だったので、とりあえずカウンセリングを受けてみることにしました。 行ってみると、女性看護師はおらず、男性カウンセラーが親身になって話を聞いてくれたので、安心して悩みを打ち明けられました。 手術は麻酔をするので痛みも無く、すぐに終わるということを聞いて、思い切って受けることにしました。 確かに、痛みも無く、あっという間に終わったので驚きました。 仕上がりの状態もキレイで、多分誰も手術を受けたことに気付かないんじゃないかと思います。
(20代:上野クリニック東京・新宿医院で施術)
 私は、真性包茎だったので、彼女が欲しくても、なかなか告白をすることもできず、悩んでいました。 そこで、東京ノーストクリニックの存在を知り、包茎手術を受けてみようと思ったのです。これで、包茎の悩みが解消されるのかと思うと不安もありませんでした。
 手術時間は、1時間も掛からずに終わりましたし、入院する必要も無く、不都合なことは何一つありませんでした。 傷痕が残るのかもしれないと思っていましたが、自分でも手術を受けたことが分からないぐらいの仕上がりになっていました。 麻酔が切れた後も、そこまで痛みを感じることが無く、それよりも嬉しさの方が大きかったです。思い切って手術を受けて良かったです。
(30代:東京ノーストクリニック・名古屋院で施術)
 私は仮性包茎であまり気にしていなかったのですが、若干早漏気味で、そちらの方が気になっていました。色々調べてみたら、包茎が早漏の原因になっていることもあると分かり、ネットの口コミで良い評価だったABCクリニックで、思い切って包茎治療を受けることにしました。
 診察の時に、早漏のことも相談したのですが、まずは包茎手術を行ってから様子を見て、それでも気になるようだったら早漏治療を行いましょうと言ってくれました。クリニックとしては、両方行った方が得なのに、そう提案せずに、患者のことを考えて答えてくれることが分かり、安心して任せられました。 まだ、手術を行ってからあまり経っていないので、早漏が治ったかどうかは分かりませんが、今後様子を見て、気になるようだったら、また相談に行こうと思います。
(30代:ABCクリニック・大阪院で施術)

包茎手術に関するQ&A

Q1. 包茎は手術が必要なのでしょうか?

A1. 真性の場合は亀頭が露出していないので、包皮内に細菌などが溜まりやすく、亀頭包皮炎や尿路感染症、陰茎ガンなどのリスクが高まります。病気を予防するために、手術をした方が良いでしょう。仮性の場合、自分で亀頭を露出させられますので、常に清潔になるようにしていれば、病気のリスクは少なくなります。そのため、清潔を心がけていれば手術の必要はありませんが、コンプレックスに思っているのであれば検討した方が良いでしょう。

Q2.手術以外の治療法はあるのでしょうか?

A2.真性の場合は手術以外に治療法はありません。しかし、仮性の場合は、矯正器具を使用した包茎治療などもあります。ただし、仮性の場合でも状態によっては手術以外で改善しないこともありますし、矯正器具によっては陰茎や亀頭がいびつに変形することもありますので、まずはクリニックに相談する方が良いでしょう。

Q3.包茎手術で早漏も治りますか?

A3.術後は、亀頭が露出したままになりますので、外部からの刺激にも慣れ、早漏が改善することもあります。しかし、早漏の原因は刺激によるものだけではなく、心理的な原因などもありますので、手術をすることで必ず治るとは限りません。ただ手術をすることで自分に自信を持てるようになり、早漏が改善することもあるでしょう。刺激に慣れることも早漏の改善には重要ですので、そのままの状態よりも治る可能性は高くなります。

包茎手術クリニックを選ぶ際のアドバイス

 包茎手術クリニック選ぶ際は、体験者の口コミ情報などを収集した上で、カウンセリングの予約を取ってから、実際にクリニックで医師やカウンセラーと相談し、治療費が総額でいくらかかるのかや術後のアフタケアなどがしっかりしているかなどを見極めたうえで決めることをおすすめします。

エリア別包茎手術クリニック一覧