転職時の志望動機がハッキリしていると合格率が上がる

面接時採用側は志望動機に着目しています

看護師求人・転職サイトランキング > 転職面接での志望動機ついて

志望動機を明確にまとめておきましょう

 看護師が転職活動をする際、採用側が最も重要なポイントとしてとらえているのが面接です。中でもよく聞かれ、採用の可否のポイントとなるのが志望動機について。転職を考える理由は人それぞれだと思いますが、志望動機で「残業が多い」「給料が安い」「人間関係が悪い」など、前の職場のマイナス点を挙げたり、転職の理由を他人のせいにしてしまうのは要注意。非常に良くないイメージを持たれてしまい、転職がうまくいかなくなってしまうかもしれません。

 では、面接で志望動機を聞かれたらどのように答えればよいのでしょうか。まずは自分の中で転職を考えるようになったきっかけを考えておきましょう。自分がどのような看護師を目指しているのかを明確にして、それを志望動機につなげると、とてもわかりやすく相手を納得させることができる答えを導くことができます。たとえば、「もっと大きな病院でさまざまな経験を積んで、何でもこなせる看護師になりたい」「この専門分野で技術を磨きたい」「小さな病院で一人一人の患者さんに丁寧に向き合う医療に携わりたい」といった具合に。

 そしてこうしたきっかけを、志望する病院や医療機関の状況に当てはめていきます。「こちらの病院では自分の目指す○○に力を入れていらっしゃることを知り、ぜひ働きたいと思い志望させていただきました」というようにまとめましょう。

 志望動機で採用側が着目するのは、なぜこの病院・医療機関で働きたいのかという点であるため、自分の目指す看護師像と病院・医療機関の機能が合わさっていることはとても大切なのです。